スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
『人生訓』 (3)



☆辛抱する木(気)に花が咲く

☆一度も不幸な目に合わなかった者ほど不幸な者はいない。このような者はかつて自分自身を試練することが許されなかったからである。セネカ

☆何かに挑戦する時には、困難と出会うのがむしろ当たり前と思わなければならない。その苦難を乗り越えなければ本物の宇宙飛行士にはなれなかったでしょう。ロシア宇宙飛行士 セレブロフ

☆機会を逃すな!人生はすべて機会である。一番先頭を行く者は、やる気があり思い切って実行する人間である。「安全第一」を守っていては、あまり遠くへボートを漕ぎ出せない。デール・カーネギー

☆他人と過去は変えることはできないけれど、自分と未来は変えることができる。
 


☆人間はいつも前向きで元気はつらつしていると、すべてが順調にいくようになります。そういうとき、心の状態はよい遺伝子をONにして、悪い遺伝子をOFFにするはたらきがある。
  筑波大学 村上和雄教授著「生命の暗号」より


☆『我々は短い時間を持っているのでなく、実はその多くを浪費しているのである。』仕事ができる人は手順がいいし、やり出すとその仕事に集中します。そこで「仕事は手順と集中力」などと言われています。「忙しい」とか「時間がない」などと騒いでいる人達を見ていると大変手順が悪いです。たとえば、期日があって早くしなければならない仕事から先に手をつければいいのに、頼まれた順にしか仕事をしないのです。また、休暇の前に発注しておけば、相手にも時間を与えることができるのに、休暇が終わって出社してから発注したりします。その結果、先方に徹夜をさせ、自分も相手につきあって「ああ忙しい」「徹夜だ」などということになります。
 筆者は「ついで学」ということをすすめていますが、「ついで学」とは、ついでにできることを何でもしてしまおうというものです。当然のことながら、ついでにやれば時間もお金も別々にするよりは少なくてすむのです。人生も仕事をこなすのとよく似ていて、「手順と集中」や「ついで学」によって、より良い成果が期待できます。ローマ哲学者 セネカ


☆一生続く苦難はないが、一生負けない自分は作れる。

☆『逃げてはいけない。追いかけなさい。それが思いのままを可能にする魔法である。』難しいと思われることには自分の方から進んで、その難しい事柄の中へ入って行く。そうすることによって、その難しいことが最もたやすく楽しいことに変貌する。宇野千代著「おはん」より

☆失うことで、はじめてその存在に気づくというのは、幸福の常である。 「夢見る権利」大阪大学教授 鷲田清一

☆多くを持つ者は、更に多くを手に入れる。僅かしか持たない者は、その僅かな物さえ奪われる。「世相」ドイツの詩人 ハイリン・ハイネ

☆『怠らず行かば千里の末も見ん 牛の歩みのよし遅くとも』牛のようにゆつくりゆっくりとした歩みだとしても、怠ることなく歩き続けるなら、やがては千里先の目的地に着くこともできるだろう。
  江戸時代の歌人 坂 静山

☆何か一つのことでも抜きん出ると、他のことも良くなってくる。
  「運の法則を読む」さいふうめい著




  ◆肥満予防とメタボリックシンドローム対策講座

  ◆美容健康グルメ食品その他カタログ

  ◆おかずメニュー&レシピ

  ◆ダウン症の子をもって

  ◆名言集・格言集・人生訓

  ◆耳ツボダイエット店紹介

  ◆「パニック障害」発症から12年(私の体験日記)





































カテゴリ:『人生訓』 (3) | 11:31 | - | - | -
| 1/1PAGES |