スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
『人生訓』 (1)



★地獄と極楽は人の心にあり
  
(日経ビジネス新年合併号「敬天愛人」稲盛和夫より抜粋)
 得度の際にお世話になった西片たん雪ご老師(現・妙心寺派管長猊下)とは、若い頃から親しくさせていただいているのですが、2人でお酒を酌み交わしていると、ご老師がこんな話を聞かせてくださいました。
 ある時、若い雲水がご老師に、「地獄、極楽というものは本当にあるのでしょうか」と尋ねたというのです。禅宗と言うのは、来世のことについてはほとんど教えないからでしょう。
 その雲水は問います。地獄に行くと閻魔大王や怖い鬼がいて、人が現世で犯した悪行の報いを受ける、一方の極楽は大変素晴らしい所だと子供の頃から聞かされてきましたが、そんなものが本当にあるのでしょうかと。 ご老師はすかさず、「うむ、確かにある」と答えます。雲水は「どんな所なのですか、地獄と極楽というのは」と聞きます。そして、ご老師は静かに語り始めました。実は、地獄も極楽もちっとも変わらない。少し見ただけでは同じような場所なのだ。けれどもそこに住む人たちの心が違う。
 例えば釜揚げうどんはとてもおいしいだろう。地獄にも極楽にもそれはそれは大きな釜があって、お湯がぐつぐつ煮立っている。うどんを湯がいているその大きな鍋の周りを、腹をすかした者たちが10人も20人も取り巻いている。手にはつけ汁のお椀と2mもある長い箸を持っている。 ここから先が違うのだ。地獄では、みんなが我先に争って箸を突っ込む。何とか、うどんをつかむことはできるのだけれども、箸が2mもあるものだから手元のつけ汁のお椀にまで持ってくることができないし、食べることもできない。
 そうこうするうちに、向こう側にいる者が箸先に引っ掛かっているうどんを横取りしようとするので、「それは俺のもんだぞ、食うな」と怒り、相手を箸の先で叩き、突く。すると「何を、この野郎」と相手も突き返してくる。そんなことがそこらじゅうで始まって、うどんは鍋から飛び散ってしまって、誰も1本も食べられずに、殴り合いの喧嘩が始まってしまう。もう阿鼻叫喚の巷と化してしまうのだ。それが地獄なのである。
 では、極楽というのはどうなっているのか。極楽にいる者は皆、利他の心、他人を思いやる美しい心を持っている。2mの箸でうどんをつかんだら、釜の向こう側の人のつけ汁につけて、「さあ、あなたからお先にどうぞ」と言って食べさせてあげる。 すると、今度は向こう側の人が同じように自分に食べさせてくれる。1本たりともうどんを無駄にすることなく、みんながおなかいっぱい食べられる。地獄と極楽は確かにある。人の心のありさまがそれらを作り出すのだよと、ご老師は若い雲水に話して聞かせたというのです。



★ 至誠、天に通ず

★ 最悪は最善への道 最善は最悪への道

★ 人を責めるがごとく自分を責めよ。自分を許すがごとく人を許せ。

★ 「政治とは、情熱と判断力の二つを駆使しながら、堅い板に力をこめてじわっじわっと穴をくり貫いていく作業である」「現実の世の中が―自分の立場からみて―どんなに愚かであり卑俗であっても、断じて挫けない人間。どんな事態に直面しても『それにもかかわらず!』と言い切る自信のある人間。そういう人間だけが政治への『天職』を持つ。 マックス・ヴェーバー『職業としての政治』

★ 命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕末に困るもの也。此の仕末に困る人ならでは、艱難をともにして国家の大業は成し得られぬなり。「西郷南洲遺訓」

★ 人生とは夢見ることである。敢えて成否は問わない。

★ 未来を予測する最善の方法は、未来を創り出すことだ。ピータードラッカー

★ これを知る者は、好む者に勝てず、好む者は、楽しむ者に勝てない。孔子『論語』

★ かけた恩は水に流せ、受けた恩は石に刻め。



★ 人生は時間より、思い出の数。

★ なぜ、自分でしないのか。疑問を感じた人間が、その疑問を解決すべきだ。

★ 「人が想像できることは、必ず人が実現できる」(ジュール・ヴェルヌ 小説家

★ 常識を疑う確かな力を養って欲しい(小宮山宏東大学長)

★ 「僕はずっと山に登りたいと思っている。……でも明日にしよう。」おそらくあなたは永遠に登らないでしょう。レオ・ブスカリア

★ 人生のバッターボックスに立ったら、見送りの三振だけはするなよ。小林 茂

★ 臆病者の目には、敵はつねに大軍に見える。織田信長

★ 人間は負けたら終わりなのではない。辞めたら終わりなのだ。リチャード・M・ニクソン

★ 行動は恐怖を消してくれる。行動に移ろう。待っていてはいけない。100%準備ができているなんてことなんてないのだから。ドミニク・グロシュー

★ 人生における大きな喜びは、君にはできないと世間がいうことをやることである。ウォルター・バジョット

★ 人生はマラソンなんだから、百メートルで一等をもらったってしょうがない。石坂泰三

★ 過失をひとつも犯さない人間は、常に何事もしない人間である。エドワード・ヘルプス

★ 二人の人間が同じ格子の中から外を見ている。一人は泥を、一人は星を。フレデリック・ラングブリッジ


★ 僕は、みんなの言うことを信じないことにしたんだ。やってもみないで、できるかできないかなんて分かるわけないだろう。オグ・マンディーノ

★ 未来がどうなるか知っている人はだれもいない。しかし、何がどうなろうと、私たちに与えられた二つの選択肢は変わらない。一つはひたすら安全を求める道。もう一つは未来に備えて…眠っている才能を目覚めさせる道だ。シャロン・レクター

★ それをやりにおれが生まれてきた。そのことだけを考えればよい。ヘミングウェー

★ この道より、われを生かす道なし。この道を歩く。武者小路実篤

★ 寒さにふるえた者ほど太陽を暖かく感じる。人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る。ホイットマン

★ 負けと思ったら、負けている。やめようかなと思ったら、もうできない。勝ちたい、でも、勝てないかな、と思ったらまず勝てない。だめかもしれない、と思ったら、もうだめだ。世間に出たら、成功は気持ち次第だ、心構え一つだ、ときっとわかる。絶対勝つと思ったら、勝つ。高く昇ろうと思ったら、高いところを思え。自分に自信を持て。人生の戦いでは、必ずしも強いものと速いものが勝つわけではない。勝つのは、たいがい、勝てると思っている人間だ。アーノルド・パーマー

★ 死は好むものでもなく、また、憎むべきものでもない。世の中には、生きながら心の死んでいる者がいるかと思えば、その身は滅んでも魂の存する者もいる。死して不朽の見込みあらば、いつ死んでもよいし、生きて大業をなす見込みあらば、いつまでも生きたらよいのである。つまり小生の見るところでは、人間というものは、生死を度外視して、何かを成し遂げる心構えこそ大切なのだ。吉田松陰




 













Check
カテゴリ:『人生訓』 (1) | 10:24 | - | - | -
| 1/8PAGES | >>